« 迷惑な客 | メイン | 月明かり »

2005年09月14日

GR DIGITAL発表会!  その1

050913GR.jpg


参加者の中ではご報告が遅れてしまったでしょうか…13日、運良くご招待いただいたGR DIGITAL発表会に行ってまいりました!
いろいろ写真を撮ってきたので、UPしますー。

ようやく発表されたGR、賛否両論あるらしいですが、
個人的には、こんなにドキドキしながら待っていたカメラは今までにないので、
GRの名のつくものがデジタルとして復活したこと、それだけが嬉しいです。
銀塩撤退のニュースのときはとっても寂しかったので…
おかえり!って感じですね。

気になる発売は、10月21日、価格は8万円前後だそうです。
高くてかえまっせんー

しょうがないので、おみやげ袋に入っていたポスターを会社に貼って、
仕事中見ながらうっとりしています。(←へんたい)
ボディかっこいい!
手の小さい私にもしっくりくるサイズ。ステキです。

それではつたないですが、レポートをどうぞ。


■プレス会場
発表会の会場は、最初にのせた写真のとおり。
偉い方が、スクリーンに映し出されるパワーポイントになぞって
開発経緯やGRの商品紹介などをして下さいました。
食い入るように見てしまった。
なかなかこういうものに参加する機会というのがないので、とても新鮮でおもしろかったです。
ターゲット像とか、GR DIGITALのコンセプトとか。

P1010082.jpg

デザインモックなども展示してありました。
が、ホンモノのGRが気になっているのであんまし見てなかったです(苦笑)


■タッチ&トライで、触りました!
発表会がすべておわると、今度はおまちかねのタッチ&トライですよ!
最初に受付でくじを引いて、A〜Iの9台に振り分けされるのですが、
私の番号は「G11」。ほとんど最後でした。

時間の都合で、与えられた時間は1人3分!
3分…orz ウルトラマン並み?
とりあえず1分で写真撮って、のこり2分で触りまくろうという計画を立てて(←このへんA型っぽい)
いざ勝負!

P1010173.jpg

待ってましたのご対面〜
銀塩GRと違ってレンズが大きい。そして横幅が小さい。
手にしたかんじなんですが、GR BLOGにもありましたけど
とくに印象に残ったのが「グリップ」。
なんか特別なゴムなんですって。
じわっと、吸い付くように手にくっついてきます。持ちやすい。
しかし、銀塩GRのカタいながらも手にフィットする感触を期待していた私には、
予想外の柔らかさにちょっとびっくり…。
今でも感触が手に残っているくらいです。
カタいのが…よかったなぁ…

P1010174.jpg

レンズON。


P1010175.jpg

背面。
2.5型21万画素の液晶は、とにかく大きい!


P1010178.jpg

メニュー画面。
ISO1600まで設定できます。

最低は64。

メニュー、見やすかったです。
私はリコーのカメラを使ったことがないので、このメニューが
今までのものを踏襲しているのかどうかはわからなかったですが…


P1010176.jpg

天面。
ホットシューみたいなのは、オプションのファインダーをつけるところですね。
シーン用のダイヤルは、上部のスイッチ(?)でロックされています。
これを押しながらまわすしくみ。
不用意にズレるのを防ぐためのようです。


P1010179.jpg


P1010180.jpg


マニュアル露出時は、グリップ部と背面にあるダイヤルで操作可能。
GX8のときも便利そう〜と思ったので、好印象。
あとはデジタルズームボタンが背面の右肩にあって、
機能が割り当てられたりするんです…よね?
説明員の方が「リコーのデジカメではできるんですよ」みたいな話をしてくださったのですが、
リコーのデジカメ使ったことないのでつ…
勉強してから行くべきでした。はんせい。

実機でためし撮りができたのですが、時間が限られていたので
気になるとこだけチェックしてきました。

RAWの書き込みスピードはかなり遅めでした。
会場は暗めでしたが、AFスピードはそんなに遅くない感じでした。
あとは、ISO1600に設定してみたのですが、残念ながら液晶上ですでに表示がノイジーで…
これはほんとに非常用かなぁ、といったかんじです。むぅぅ。
でも製品版では改良されることを期待!


■作例のA3プリントを展示
6階には、作例のプリントアウトがイーゼルに立てかけられておりました。
6枚くらいかな?いちおう全部撮ってきました。
お目利きの方、ご参考まで!
(こんな小さいのじゃわかりませんかね…)
残念ながらISOはすべて最低の64から154(?)のみ…。
せめて400か800の作例が見たかったです。
そのうちサイトで出るかなー。


P1010151.jpg


P1010167.jpg


P1010168.jpg


P1010169.jpg


P1010170.jpg


P1010171.jpg

スペックについて。
先日のエントリーで私が希望的観測を述べておりましたが、
答え合わせをすると…
------------------------------------------------------------
・800万画素 1/1.8型CCD
・単焦点GRレンズ F2.8 
・広角28mm
・CCD式手ブレ補正
・ISO1600
・マグネシウムボディ(フラッシュスイッチが外にあるとうれしい…ムリか…)
・銀塩GRと同等か、それより小さい。撮影時200g前後
・液晶は2.0型〜2.5型、20万画素以上
・光学ファインダーあり
・撮影可能枚数200〜300枚
・VGA動画 30fps
・露出補正、絞りはダイヤルで(メニュー操作はイヤだ〜)
------------------------------------------------------------

F2.8→F2.4、
手ブレ補正なし、
フラッシュスイッチは外にはないけどPOPアップ式
光学ファインダーは別売オプション
動画はSVGA、
…ってとこが不正解でしたかー。

手ブレ補正はなかったですね。
高感度×手ブレ補正の最強コンデジ登場かと思ったのですが、ざんねん。
単焦点の明るいレンズだし、ってことなんでしょうかねー。

すんません、ゲームボーイミクロの充電が終わったので
おみやげの話はまた明日に!

投稿者 つきなみ : 2005年09月14日 23:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sd804.fas.ne.jp/~licht.pekori.to/mt/mt-tb.cgi/31

コメント

>白鳥尚志さま

こんばんは、初めまして。訪問&コメントありがとうございます。
レポート、少しでもお役に立てれば幸いでございます。。。

GR予約されたんですねー ステキです!
実際に使われての感想など、たのしみにしていますー

また、リンクありがとうございました!
まだまだ内容が浅いサイトではありますが…
コメントも確認させていただきました。問題ないです!
ブログへも遊びに行かせていただきますね^^
よろしくお願いいたします。

投稿者 つきなみ : 2005年09月19日 23:44

はじめまして。

素敵なレポートとても参考になりました(^^)
私は早速、予約しました♪
10月21日が待ち遠しいです。

ところで、私のブログから、こちらのブログへ
リンクを貼らせていただきました。

http://smile-color.com/archives/2005/09/post_20.html

紹介文などに問題がありましたら、ご連絡お願いします。

投稿者 白鳥尚志 : 2005年09月18日 22:50

こんばんわ、お返事遅れてしまって失礼いたしました…

つたないレポートですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

私も手ブレ補正、残念でした…
なるべく感度を上げたくないとき用に、
つけておいてほしかったなーと。
R3がかなり衝撃だったので、絶対布石だなと思ったのですが…

でも確かに、pico@・)さんのおっしゃるとおり、
「潔さ」がありますね。
デジカメは進化が早すぎて、全然ついていけないと同時に
買ったものが半年もすれば旧機種になってしまったりしますが、
GR DIGITALは長く愛着を持って、使っていけそうなカメラだと思います。(買えたら…ですが ^_^;)
私もGR応援組で!がんばれRICOH!!


今は写真を加工できるサービス、多いですよね。
撮ったあとの楽しみがあるのも、デジカメ写真のいいところですね^^


投稿者 つきなみ : 2005年09月18日 22:29

おはようございます。
昨日は夜空にまんまるお月様に羊雲がかかっていました。
すっかり秋ですねぇ。

GR Digitalの詳細なレポート、とても参考になります。
ありがとうございます。

私の印象は、、、デザインは銀塩のGRの方が好みかも。
もちろん手にした訳ではないので、用の美というか、
デジタル版の操作に適したものかもしれませんが・・・。
スペック的には、
・手ブレ補正機能入ってると思いました。残念。
・レンズは2.0くらいを希望でした。
・Flushを隠したのは、○。
・Finderを外付け。○。

批判的な意見を挙げている方、やはり期待が大きかったのねぇ。
でも一眼デジが10万切ってる中で、まず価格的な制約があるだろうし、
Finderなどをoptionにする事は、設計面でもコスト面でも有効。
(このFinderに露出の情報などが出れば、液晶をOFFに出来て面白いかも。)
そういう意味で、いろいろと機能盛り込むのではなく、
必要なものだけを、バランスを保って具現化したこのGR Digital、
潔さを感じました。

ただ、、、銀塩時代のGRと違って、
デジタル時代は、ライバルが多すぎるように思います。
ガンバレRICOH!!!

マイブックのご紹介、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
今はこういう表現手段がいろいろとあっていいですね。

投稿者 pico@・) : 2005年09月17日 08:50

コメントしてください




保存しますか?